オランダ留学記 (2016.8-2017.6)

オランダのグローニンゲン大学(RUG)へ留学しています。2016年9月~

いよいよ出発

本日8月25日、関西国際空港を経ち、ドイツ(フランクフルト)を経由して、オランダ(アムステルダム空港)へ向かいます。

航空券は、ルフトハンザ航空の便を大学生協で予約しました。大学の生協は何かと便利ですし、下手に自分で予約するより安心です。大学生であれば、無難に生協で予約するのがいいと思いました。

出発日の前日

いろいろやることは山積みだったのですが、まず、大学の友達と会ってきました。ランチとしてステーキを頬張りながら、留学についてアドバイスをもらう。その友達は中国へ約一年間留学していたので、心構えなどを聞きました。


f:id:kanhuni:20160825050609j:plain
本日のランチ、ハラミステーキセット(980円)




二人で得た結論は、「語学に関して、下手な劣等感やプライドはいらない」ということ。彼によると、中国語に関しては「多少できなくても気にしない。これからよくなる」というマインドで勉強できた一方、英語に関してはそうはいかなかったようです。プライドが邪魔して、失敗するごとに落ち込んだらしい。

彼はその状態からは抜け出したようですが、この気持ちは非常によく分かります。でも、語学の習熟それ自体にはあんまり役に立たないのは分かりきってますよね。ということで、「下手なプライドを持つのではなく、失敗してもガンガンやってきます」という決意表明をしました。この気持ちに転換するのに一ヶ月くらいかかる気もしますが、早く切り替えたいですね。

荷造り

正直、ぎりぎりまで手を付けていませんでした。住居探しや滞在許可証の取得にかなり時間を取られたのに加え、新しいノートパソコンを買い、いろいろ設定したりと、荷造りをロクにせず面倒くさいことばかりしていました。
ちなみに、DELLのノートパソコンを買ったのですが、なかなかスタイリッシュで使いやすいです。タッチパッドが若干微妙なので、マウスを買うかもしれませんが。以前に使っていたASUSのノートパソコンもがんがん動くので、それも持っていこうと思います。というか、バックアップをとっておらず、ファイルの移行作業もしていない状況で…。物理的に持っていかないといけない状況ですね。

荷造りで難儀したのが、というか出発日の深夜(早朝)に現在進行形で難儀しているのが、本や論文をどの程度持っていくのかということです。正直、向こうの大学のコースワークに追われて、ほとんど参照できない気もするのですが…。
持っていきたい本は大きく分けて、英語の参考書、専攻の教科書、専門書の3種類です。いま並べてみたのですが、それぞれ5冊ずつあります。明らかに多いです。手荷物に詰め込めるのは可能ですが、果たしてオランダでこんなに読むのかという疑問が頭から離れません。「一応持っておきたい」レベルの本を集めると、この数になってしまいました。さてどうしたものかと頭を抱えていますが、10冊くらいには減らそうと思います。さすがに重いですし、結局読まなかった、みたいな結末が目に見えています。

座席指定

ルフトハンザ航空は、当日(24時間以内)であれば無料で自分で座席を指定することができます。というか、指定しないと変な席を充てられます。
飛行機の座席をじっくり吟味しながら、トイレに近い、前に人がいない、なるべく外に出やすい席を選びました。実は、閉所恐怖症とまでは行かないのですが、狭いところがかなり苦手であまりに真ん中だったりすると、怖くなっちゃいます。居酒屋の席なんかでも、さりげなく通路側を確保します。逃げれない状況が嫌というか、とても苦手なんです。
席は結局、4席並んだうちの真ん中になってしまいましたが、まあ仕方ないです。もう少し早めに指定しておけば…と思いました。座席指定は早めにやっておきましょう。
というか、このブログの教訓はすべて「準備は早めにやっておこう」です。それ以外にないです。面倒ですしかなりストレスたまりますが、留学準備はどうせやらないといけないことばかりなので。

Airbnb

今流行りの「民泊」をオランダでやろうと思います。というか、ホテルは高すぎて萎えたので、安く泊まるにはAirbnbしかありませんでした。
寮には29日に入れるのですが、それ以前には全く入れてくれないです。そのへんが厳しいというか融通がききません。なので、25日から28日までの宿を確保する必要がありました。
一日目は、アムステルダムに夜到着するので、その日はそのままアムステルダムに泊まります。次の日に電車でグローニンゲンへ向かい、26,27日はグローニンゲンで宿泊します。
一日目の宿はレビューの多さと高さから安心しているのですが、二日目以降の宿が少し心配。レビューはなく、最近登録した方のようでした。
ただ、実際に宿泊するまで宿代はかかりませんし、その辺はしっかりしているようです。なので、なんとかはなるでしょう、たぶん。まずはその方からのメッセージ待ちです。

以上、こんな感じで前日の準備をしていました。ほとんど寝ずに空港へ向かうことになりそうですが、おかげで飛行機内でよく眠れそうですね。

広告を非表示にする